So-net無料ブログ作成
検索選択

治療開始 [エナメル質形成不全]

いよいよ1本目の治療開始。

前回の説明でいよいよ削ることになり、麻酔(大人と同じ注射)もやるとのことで、私もドキドキ。

どう考えても麻酔するときにチクッと痛そうだな、
そのあたり、先生うまくやってくれるんだろうか…と心配だったけど、
さすがたくさんの子供も相手にしてるだけあって、事前段階の麻酔あり。

さくらんぼ味の麻酔をぬりぬり。
娘にどう?痛くない?と歯茎をツンツンしながら確認。

麻痺してきたところに、いよいよ注射の麻酔。最初は反応を見るために少量。

娘に目つむって~と目をつぶらせてちょびっと注射。

無事、大丈夫な反応が出たので追加で麻酔。

麻酔が効いてきたら、いよいよ削る!

娘の様子見てたら、右手をちょっと浮かせて、もしかしてちょっと痛そう?な感じ。

でも頑張った。

先生も衛生士さんにも褒められ、照れ気味の娘。

麻酔をしたということで、いろいろと諸注意。
①指を口に入れていたら爪で麻酔したところをいじっていると思ってください。
→やりすぎちゃうと、歯茎を爪でいじってひどい場合は骨が見えちゃう子もいるとか…
②モグモグしていたら、口の内側をかんでいると思ってください。
→麻痺してるから、お肉をかんでるのと同じ感覚で、これまたひどいとボロボロになってしまうよ、と。
③2,3回噛んでしまう程度で口内炎と同じくらいなら気にしないで。

うちの娘は③に該当してしまった[たらーっ(汗)]
麻酔が切れる2~3時間は娘の様子を注視。
指を入れてたり、モゴモゴしてたりすることも何度か。
今痛くなくても、麻酔はもう少しで切れるよ、麻酔切れたら痛くなるよ、と何度も話して数時間過ごしました。

麻酔した後にこれほど気を使うとは…。
勉強になった。

おそらく1本ずつでそれぞれの歯の様子見ながらだからまだまだ長丁場になりそう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。